fc2ブログ
うぇーー
あー色んな人の感想読んで、自分の感情忘れそうw

なので整理してみる。(自己満)
まず、whyのフルを聞いた最初の感想は「ラップ多っ!!!」だった。
なんというか私はJ-popを聞いて育ったので、ラップは未だ聞きなれない。大事なのはメロディ派なのですが、何度も聞くと愛が勝ってしまうのですよね、結局ww

そしてMVフル。

いいですか、いいですか、みんな嬉しかったでしょう。迫力に歓喜したでしょう。
しかし私の最初の感想は…オカマちゃん!!!!でした(汗)
いや、あのね、いかり肩ジャケットのチャミに衝撃を受けてしまって。
そして柄ジャケの両耳ピアスユノが美しすぎてこんな感想に…TTTT

しかしそこはSMPですよー!!
なんだって最初はハマらないのがSMP。繰り返し聞いて見て中毒のように溺れていくのです…。
ソリソリだって、りんでぃんどんだってルシファーだって、hootだってそう。
最初や途中の英語部分ってもしかしてヨンジンさんだったりするかな?何度聞いても2人の声には思えないし。ヨンジンペンとしては気になるーー!!!あと、「わーいべいべー!!」のとこも誰???ずっと聞いてるとチャミなのかなぁとも思ってきた(英語部分よりはそう思う)。最初聞いたときイェソン兄さんかと思ったくらいである。

はぁ…
キャプチャ1
美しい。ユノには「美しい」という言葉が似合う。

驚いたのはチャミがユノのダンスに比べて見劣りしなかったこと。
すっごいすごい練習したんだろうなぁ。いつものカクカクダンスじゃなかったもの。ユノの独特のダンスは相変わらず美しくて目を奪われる。それについていこうとするチャンミンもまた麗しいの。
転調したあとから(胸たたくダンスのとこ)、少しチャミが遅れてる気がするんだけど、そこも愛しい。

ホミホ的にも萌へぇなとこはたくさんあったけれど。
しかし、私が一番萌えてるのは別のとこなのだ。向かいあうとこも十分ドキドキさせて頂いたけれど!!!でも、私はここに萌えている…!!!!!!

そう、この隙間に…!!!!!
キャプチャ
(2:47あたりから。一瞬である)

なんか、なんかね?妙に色っぽく感じる。え、なんか右にしか見えない…TTTT
この蛾衣装のときは2人とも女性っぽい綺麗さがあるんだけど、この細い脚がよ、隙間作ってるのが…たまらん!!!!!わかる??わからないかな…なんでここにこんなに反応するのか私…。
チャミの細い脚萌えるうううううううううううTTTTTTT

私の感想って毎回アホっぽいですねTTTTもういいやTTTTT
最初はラップかぁ、と思ったけど今や1日10ウェーはしないと気が済まなくなってます。怖い、この中毒性が怖い!!!!大好きです!!!!
なんでK-popにハマるかっていったらさ、突っ込みどころ満載なのにかっこいいからだよね。衣装とか、曲やMV構成とか、色々おかしなとこばっかなんだよ。それなのにトータルで見るとかっこよくて、いつの間にかリピートしていてハマってるんだよねー。

そしてそして歌詞。元々日本語でもあまり歌詞を重視しないでメロディや声で判断することが多いんだけど、韓国語ならなおのこと。今回いろいろ言われてるけど、好きに受け取るわ^^
しかしね、がっちゃんのところで頂いてきたこの訳詞見て聞いて見てたら、あぁスッキリ。


特に最後の方のラップのユノ部分。

君を手放そう
本当に幸せになってくれ


この部分の歌い方表情歌詞に思わずニヤッとしちゃった。かっくいー^^
意味わかるとさらに愛しく思えてくるね、曲達が。
他の曲も待ちきれずに、SHEとルーマーだけ聞いてしまった。だってブログに貼ってあったから自制心が聞かなかったんだも…TTTT今までの自分のこだわりとしては、アルバムは1曲目からラストまで一気に聞きたかったのに。私のばーかばーか。アルバムの流れがいい1枚が好きなんだ。
だからランダムやリピートで聞くより、1番から順に聞くのが好き。
はやく届かないかなー♪

しかし悲しいかな、私は日本人。
こんなにこんなにwhy韓国verを聞いてるのに、口から自然に流れてくるのは「うぇー愛した方が罪か~♪」の日本語なんだよねー。Geeだってめちゃくちゃたくさん聞いたのに、日本語の歌詞覚えてしまったら日本語が出てくるんだよー!!!悔しい!!!!

ってなんの話だが。
今日の記事は新パソで書いてるんだけど、このノートパソコンさ、テンキーがついてるのよ。便利だなぁと思ってそのタイプにしたんだけど、画面は中央にあって打つのは左に寄ってるから首がおかしくなりそうなんだけど。慣れかしら。なんでも慣れだよねー。はやくこのパソコンに慣れたいわー。

( 2011.01.06 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL