fc2ブログ
だらだらと
10時にベッド入って寝落ちするまでFF読んで5時半には目が覚める、代わり映えの無い日々を送っております。
起きてあいぽん見て、仕事して、ご飯食べて、テレビ見て、あいぽん見て寝る。どうしようもうすぐ28歳。

TREE名古屋1日目参加した。
正直、期待を下回ったので愚痴いいまくって愚痴を言ったことに落ち込んでる。今も。
2人はできるだけのパフォーマンスをしてくれたし、楽しかったし、だけど演出がどうしても腑におちなくて。そして1週間ぶりにツイ開いたら、MCレポが楽しそうにTLを埋めていて、自分とのギャップに驚いた。
だから、同じような意見のツイやブログを見ては落ち着いたし、だけど毎回楽しそうなレポはあがってくる。
きっと、私が見たものと皆が見たものは違うのだ、と納得させたんだけど。

今はユノの脚もいい調子になってきたのか、パフォーマンスも迫力増してると思うんです。
だから楽しみ。楽しみだけど、レポを読んでるとあんだけ愚痴をいった自分が醜くて醜くてつらくなるぅー。顔身体が醜いのは知ってるけど、心までそうだからつらいいいいいいいいいい
だってね?多くのファンは何回もライブに足を運ぶけど、一回しか見ない人だっているじゃん?
それで、あの演出だったらどうなのかな、って思っていたんだけど、RTなんかで回ってくる初めて見た人の感想とか、初回の感想とか、皆楽しそうなんだもん!!!!!うええええええん私だって楽しかったんだよTTTTTTTでもそれにも増して疑問点が多くて、何か残ったものが苦みが強かったんだもんTTTTTTTTでもそれって私が愚痴言いまくったせいだと思うのTTTTTTTTTTTTごめんTTTTTTTTTTTT

いつも完璧なセトリじゃないし、演出じゃないけどさ。
ひとつ気づいたのは、私はいつも2日連続ライブ見てた。自分的初日の後、すぐ次の日ライブ。
そしたら2日目は慣れてるでしょ?セトリも知ってるし。だから消化されるものが多かったんだと思う。
けど、今回は初回見てから、次のライブまで一か月半ほど空いているものだから、このモヤモヤ期間が長いんだと分析してる。
だから、楽しみと同時に不安感もある。
また同じように疑問点ばっかり頭に浮かんだらどうしようって。好きなのに。好きなのに。心から笑顔で「楽しかった」と終えたいのに。そんなものも全て吹き飛ばしてくれるものが2人にはあるんだけどね。うん、楽しみにしてます。
本番みてモヤモヤ抱えるより、レポだけ見て「参加したかったなぁ」と思っている方がいいんじゃないかって、そう思ってしまった自分を殴りたくなるくらいのもの、感じたいなー!!




( 2014.05.23 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

ご無沙汰しております。

以前、ソウルが好きすぎて感想を勝手に送付させて頂いた「まり」と申します。ご無沙汰しております。
リー様が今回のツアーでずぎゅんと来たら、新作がアップされることでしょうと思っておりましたら、そうでございましたか。
全くもって同じような状況に陥っておりますので安心したというか(笑)。
冷え冷えとした時期を通り過ぎて、今回はシム氏が変貌をとげたんでしょうか、いや根本は同じですかね。
昨年、TIMEでは触れ合いがなかった二人が今年は仲良しなレポがライブごとにツイにあがって参りますね。
それで妄想膨らませていざツアーに参加すると、さほどそうでもない(笑)。
一番よくわかるのが、自分が参加したライブをツイレポでみると全く違ったものになっていることです。
なんだ、わたくしが参加した回が今一つだったんじゃなくて、実は全ステしても今一つなんじゃないか?(笑)
その原因は何か。セトリですかね。いや、やはり私は5人で堕ちた女なので、5人時代の日本コンセプト、5人家族設定ながらの「国籍不明アダルト仕様」な曲やら振付が今持って好きだったんじゃないかと思います。エロがあった。ユノ様は雄だった。なぜなら雌がいたから(笑)。そしてマスコットあり、銀河系美少年あり、思春期坊やありのわちゃわちゃ設定が何しろ楽しかった。
それが消失し新たに二人コンセプトで設定されたのが、家族で楽しめる文科省推薦アーティスト的な好青年二人組。今回などソロコーナーも目が点で、光州の狂犬ユノ様からエロが消えたらいったいそれは…。と、ひたすら小人キャラに目を向けて心をあげようとしているんですが。
比べるつもりはないんですが、あの3rdコンのトレンチコートで各々が登場するVCR、オオトリのユノ様が髭を剥がしグラサンを取り、本物が登場するとぎゃあああああという高揚感とエロさは、いまだDVDを見てもドギマギしとります。4thではステッキを持って妖しく踊る5人の国籍不明の大きな色男たち…。
何なんでしょうかね。そこに雌がいたから狩猟本能が丸出しのユノ様だったんですかね。
いや、ビジュアル的に今のお二人は本当にバランスよくて、この二人が残って良かった、あの人じゃなくて(謎)と思うんですが、リー様の描かれる世界と違って、現実の二人は狩猟本能のない兄と弟なんでしょうかね。ううむ。
今の2人が好きなのに、5人時代のつべを観ては、やはり突拍子もないうきゃんうきゃんの方や、表情くるくる変わって目の離せない銀河系の方や、天然ボケでピー発言も多かった雌の方がいて、だからそこに毒舌マンネキャラが生きて、止めに入るリーダーで雄が生きて、うーん、何とも素晴らしいバランスの時代が残っちゃってるんでしょうかね。
あの頃に戻りたい、また5人で一緒にという気持ちではなく、それぞれの現在を認めつつ、心の底から萌えあがる…というのは私はきっとこれからもないと思うこの頃です。
何故ならあの頃を知ってしまっているから。
あの頃を知っていて良かったと思いながらも、2人時代からのファンなら今は満足しているのかなとも思い、このもやもやはずっと続くのでありましょうか。
と、思わずお気持ちを拝読して、取り留めのない私の話を長々と失礼いたしました。
また心に何か舞い降りましたら、綴られる日が参りますことを。

( by : まり * URL ) ( 05/29 - 17:20 ) ( 編集 )

>まりさん

わぁ~まりさん!お久しぶりです。こんな僻地までコメントありがとうございます。
サイトが更新できてないのは、ただ単にPCに向かうことなく寝ているという部分が多いのですが(汗)今の2人の関係をなかなか妄想に発展できないという点はあるかもしれないです。

まりさんも公演見て色々感じられたんですね。
今は鬱々とした気持ちはなくなって、次の公演をめいっぱい楽しみたいなという気分です。
地元公演を見たあとの自分の感想がどうなっているか、期待もあり、不安もあり、といったところです。
ライブレポは話半分で読ませていただいていますwどうしたってフィルターかかりますし、自分が参加した公演について呟いても多分に感情が入ると思いますww
セトリに関しては、まりさん、どうしたらいいんでしょうか…3回見て愛せるようになるならそれは成功といえるんでしょうか……
こういったセトリの方が楽しみやすいという方のブログ等も拝見して、まぁいってみれば好みなのだと思います。でも、違う。私が求めているのはそれじゃない!!感が第一印象では強かったので、ちょっとがっくりしてしまって。
確かに今回のライブでは色気の部分が少なかったように思います。
私が見たのは名古屋だったので、まだユノが回復していなかったのもあるでしょうけど…演出ももちろんだし、あとやっぱり私が最終的にいきついたのはやっぱり、TREEの楽曲すべてを好きになれないことです。つらいです。本当にその部分に関してはつらいです。
ユノの新しい面をみせたかったのかもしれないし、ユノの脚かもしれないし、本人の希望かもしれないし、それはわからないけど、ソロに対するテンションはあまり上がってないのは確かです。

5人の頃に対しては…
確かにですね、これはもう自分の環境などにも関わると思いますが、ライブDVDを見る回数は圧倒的に少なくなりました。2009年は急激にハマったというのもあって、それはそれは擦り切れるほど繰り返し見ました。
今は情報があふれているせいか、一度買ってみたあとは機会がない限り棚に入ったまま。
これはずーーーーっと2人が活動してくれているおかげでもあるので、ありがたいことなんですけど。
何というか…5人の頃は音楽から入ってキャラクターに触れて腐という道を知って(笑)のめりこんでいった。でも2人に関しては2人が好きで音楽を聴いているという方が正解かもしれません。
TREEなんて本当に苦しみながら聞きましたもん…苦行……なんでこんな苦い顔して頑張って聞いているのだろうと思いました。(今は好きな曲だけ聞く逃げ道をつくりました)

>>2人時代からのファンなら今は満足しているのかな

この部分ですね、私も思いました。知っているからいけないのかな、って。でも2人からのファンの方でも5人時代のDVD観た方はたくさんいるし、実際私が5人を見ていた期間なんて1年にも満たなくて、その何倍も2人を見ているのに2人にもファンにも失礼だなーって反省します。
私はホミンの関係性にこそ心を奪われるので、今の一周廻って兄弟のような関係がまた色んな腐心を刺激していきます。なので5人時代と萌えについては比較することはないんですが、好きなのを止められないもどかしさはあります(笑)
ファンってめんどくさい生き物ですね(笑)

面倒くさい自分を自覚しながら、これからもハァハァしていきたいと思います!
更新!できたら!いいな!


( by : リー * URL ) ( 05/30 - 11:07 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL