fc2ブログ
距離
7月がまたやってきてしまった。時が経つのが早いことよ……

さて、ホミン枯れを宣言してから1か月。
なんていうか、今までとおりホミンは大好きだし、兄弟たまらんし、その感情は変わってない。
ただ致さない。つまり性的に2人を捉えられなくなったんだよねぇ…それを私の中で「枯れ」と呼んだまでなんだけど。
だから、本当に二人の関係性はいつまで経っても好きだし、追っていきたいよ。
あと久しぶりに好きな作者さんのFF読んだらホミンありありで自分に笑った。この前の休日に長編読み返して泣きながら笑いながらときめいたよーーーーー!やはりパラレルは別格!どギツイエロは読めないけど。(これは昔からだ)

結果、私は作者さんを通してみるホミンが一番好きなのかもしれない。こんなんでいいのか。
いや、何か私影響されやすい人間なので(今年何度目)、自分の発言に引っ張られることが多々あるんですよ。
例えば、鹿右だってそう。鹿右って言い方すごい懐かしくない?w
そもそもチャンミン右なんて考えてなかったのに、ミンホとかスキとか書いてたらどんどんチャンミン好きになって気付いたらこうなってたわけだ。
そして、今弊害として感じてるのがさぁ、私は「ユノかっこいい至上主義」なんですよ。
本当、24時間かっこいいヒョンが大好きでねぇ。故に、かわいいユノに敏感に反応してしまうようになり、かっこいいが好きだ!最高なんだ!という思いが強くなって、かわいいユノに拒否反応が出るという始末。困る、これ困るんだよすごくううううう。
だから、「ユノちゃんかわいい♡」を見ると憎く思ってしまう。
だめ、こんなの人それぞれなのに。
ユノは色んな面があるから魅力的なのに。生でみるかわいいユノは大丈夫なんだけど(大丈夫じゃないときもあるけどw)、誰かのフィルターを通したユノの感想とか絵を見るとどうしようもなく拒否感が出てしまうわけですよ…スルーするんだけどそう思う自分が嫌なの。

そして最近のユノがかっこよすぎるじゃないですか。
これがね……もう無理なんす………マジ恋しちゃう…………………
インスタ見ると「誰が撮ってんだムキーーーー」ってなるし、男でも女でも絡みがあると嫉妬感じちゃう。醜い。
醜い自分が嫌なので、ユノとは距離をおくことにしました。
ユノの表面しか捉えない、ユノの奥まで考えない。そうやって距離をとるの。だから私のカメラロールには美しいユノがいっぱい。それだけでいいや。そういうユノとステージのユノを見ていくことにしたの。
誰にでも優しいユノとかファン想いなとことか、そういうの深く考えないことにしたの。いいエピソードだねぇ程度に捉えたい。
チョンユンホを深く思うと苦しくなるんですよ、罪な男です。あとチョンユノショーにだいぶ腹刺されました。(くそホミンペン)

だから、チャンミンは良い。ただ可愛がりたい。ただ掛け算したい。ミノシムとかシェフシムとか、モブでもなんでも美味しいよぉ…チャンミンには全く嫉妬しないから精神衛生上良いわ、とても。
もうね、二人が私が好きな東方神起でいてくれればいいんですよ。それが続いてくのって当たり前じゃないから。変わってくのは仕方ないことだろうし、変わったことを受け入れられない時がきたら離れるまでだし。でも、まだまだ離れさせてくれない二人だから、チケットや飛行機やホテルをおさえる日々だよ。ボーナスもうないよ。(まだもらってないのに)

ちなみに、こんなにつらつら語りながら、今一番夢中なのはプデュ48です!!!!!
OLが終わって週一の楽しみがなくなったと思ったら、Produce48がきたよおおおおおおお!!!!!
実はプデュ101もシーズン2も見てないんだ、なのになぜ。ふと検索したらリアルタイムのストリーミングがあがってて、そっから字幕なしで見始めた。今回はAKB関連グループがいるおかげで日本語で話すとこもあるから字幕なしでも全然2時間半見れちゃうんだよね。そして号泣につぐ号泣。
日本人のレベルの低さに悲しくなったり、その中で輝く子がいたり、韓国練習生の実力とか、リーダーの責任感とか、重圧とか友情とか苛々とかいろんな感情が2時間半でぐるぐるしてたまらんよね!!!!!私も国プになりたい!!!とか言いつつ、全然顔と名前が覚えられない!日本人すら覚えられない(汗)えりいちゃんはやる気なしこだけど可愛すぎて覚えたよ、成長した姿見れたらいいな。竹内ちゃん推しだよ。分量全然なくてつらい。韓国の子は3人くらい推したい子がいるんだけど名前が出てきません。とりあえずリーダーになる子好き。
ということで、激しく遅いですがハマっております。落ち着いたら、過去のプデュからのIOIとかワナワンを追いたいです。日本語字幕探そ。









( 2018.07.02 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL